じゃんけん協会の会長の言葉に笑い泣き

「1,000人のチョキにも、たったひとりのグーが勝つ」
という言葉を聞いたことがありますか? はじめてこの言葉を聞いた時、その情景を想像して少し身体が震えました。

これは、じゃんけん協会の会長の言葉です。実際にはお目にかかったことが無いのですが、ラジオ番組で彼の話を聞きだしたら、どんどんひきこまれていきました。

じゃんけん協会の「会員心得十カ条」と言うものがあるのですが、その中で「己のためにあとだしをしてはならない」という条項があります。会長によりますと、後だしは負けてあげるためのもの。自分が勝つためのいやしい気持で使ってはいけません。相手を思ってする後だしならば良いのですとのこと。なるほど、と思いました。

もし、この世で最後にじゃんけんをするとしたら?という質問には、孫とじゃんけんをしたい。もちろん、自分は負けて孫に勝たせてあげるのだと語る言葉に、優しい気持が伝わってきます。

でも、会長は(多分声からして若いです)彼女には、自分がじゃんけん協会の会長と宣言していないようで、彼女とのエピソードにちょっと笑えるものがありました。

デートの帰りに彼女を家まで送っていったのですが、彼女はどうしても家の中には入れてくれない。そこで、会長は彼女に頼み込んで、じゃんけんで勝ったら家にあげてくれるよう説得します。(7割がた勝つというじゃんけん協会会長、ズルい) 

彼女は仕方なく了承。そしてじゃんけんをしたところ、会長の負け! しかし会長、3回勝負だ!とさらに頼みこみ、じゃんけんを続けたそうです。よっぽど家に入りたかったのですね。結果は、大負け! 最後はあきらめて帰ったそうです。彼女の方がじゃんけん協会の会長に向いているのかもしれませんね(笑)

そのラジオ番組で、オススメの歌は?と聞かれて、「ケラケラじゃんけん」を会長は推しました。はじめて「ケラケラじゃんけん」を聴いたのですが、とっても明るい曲でありながら、詩の中に素敵な言葉をみつけました。

「・・・毎日グーくん悩んでた どうしてパーには勝てないの
ある朝チョキちゃん気がついた なぜだかグーには勝てないな

そしたらパーさんこう言った 私はチョキには勝てないよ
誰かは誰かに負けるけど 誰かは誰かに勝てるんだ・・・」

子供用の歌なのでしょうけれど、なんだかこれもあったかい。
誰でもできるじゃんけん。久しぶりにやってみたいなって思いました。

Operation Tomodachi:命がけで救助にあたってくれた米兵

アメリカのネットコミュに、この作戦に参加してる米兵の姉が弟からの手紙というのを書き込んでいたが、

(超適当訳)
「姉さん、僕はいま軍隊に入っていちばん充実しているんだ、それを知って欲しい。
 イラクで激しい戦闘も経験したけど、そんなのとは比較にならないのさ。
 僕は兵士だから命令されれば人も殺すし、他人の家だって破壊する。
 だけど姉さん、それは僕が望んですることじゃないんだ。
 僕は兵士だから危険は覚悟してるし、それを期待してすらいる。
 だけど姉さん、僕が望むのは人々の命を救う事なんだ。
 この作戦が終わったら、はじめてまっすぐに姉さんに会いに行けると思う。
 自分をごまかすための酒まみれの日々は、今度はいらない。
 一緒に母さんの墓へいこう。
 今なら母さんも息子の僕を誇りに思ってくれると思うんだ」
名無しさん@十一周年 :2011/03/27(日)

2011年3月11日。
日本を未曾有の災害が襲い、東北地方は深刻な被害を受けました。
また、そんな危機的状況にある日本を沢山の国々の人々が助けてくれた、支えてくれた事実。
まもなく2年が経過しようとする今でも、なお風化せずに人々の記憶に残リ続けていることと思います。

Operation Tomodachi「トモダチ作戦」

災害救助・救援および復興支援を目的として、アメリカが行った作戦。
海軍は災後3日後の時点で10隻の艦艇を現地海域へ派遣。
空軍は3月14日、嘉手納基地からKC-135空中給油機を交代要員と50名のエンジニアと共に三沢基地に到着させているなど非常に迅速に活動してくれています。

兵士達は、命令で動いたのではなく、募集し、志願兵が集まったとの事
館内マイクで、募って10分で、枠が埋まってしまったとの事。
更に驚いた事にエセックス内部には、手術室やICUまでも有るとの事。

テキサス親父日本事務局

この時、宮城県にある航空自衛隊松島基地や仙台空港は津波の被害により壊滅的な被害を受けていたため三沢基地への到着となったようです。

日本へ到着した米軍は、救援物資の輸送、瓦礫の撤去、被災者の救助などを行ってくれました。
当時の防衛大臣北沢俊美は
「米軍に感謝と称賛を申し上げたい。今ほど米国が同盟国であったことを頼もしく、誇りに思う時はない」
と謝意を表明しました。

仙台空港再開

仙台空港が再開したのは4月6日。
4月13日に震災以来初の民間機が飛び立ったちました。

3月11日の震災からおよそ1ヵ月という短い期間の間に
仙台空港をほぼ以前と同じような状態まで復旧させたのは、アメリカ軍でした。
しかし、そこには米軍の姿はなかったのです。
また、このことはニュースにはあまりならなかったため、(再開したというニュースはあったようです)
一般には広く知られていないようです。

彼らはすでに身仕舞をして立ち去っていたのだ。
彼らがいなかったことは日本における米軍の微妙な立場を示すものだ。
日本で最大の救助作戦を行なったにもかかわらず、米軍基地のホスト国日本の立場を害することがないよう慎重に配慮したものだ。

maclalala2:静かに立ち去った米軍

下記の、横田基地の記事を見てもらうと解るとおり、彼らは賞賛を必要としていませんでした。
純粋に「助ける」ことそして「義務をこなすこと」を目的としていたのです。

2011年3月11日のマグニチュード9.0の地震とそれに続く33フィート(約10m)の津波によって残された惨状は言葉では言い表せない。日本の本州東沿岸300マイル(約480km)以上が破壊された。震災当初目にした中で最も悲惨な状況だったのは、仙台空港そして隣接する名取市と仙台市だった。津波が押し寄せた仙台空港と近隣の町のビデオは衝撃的だったが、3月16日に初めて仙台空港に到着してこれらの地域を目の当たりにした衝撃は、映像をはるかに超えていた。

何千もの潰れた車両、折れ曲がった飛行機、根こそぎにされた木々、崩壊した家々、水、砂、魚貝などが散乱し、機能が停止した空港のイメージは、フィルムに、そして我々の記憶にも記録された。しかしそれと対象的なのが今日の仙台空港の映像であり、それは希望と復興のそれである。

当初から私達の展望は、日本側と調整しながら人道支援物資を災害地域の中心まで直接配送可能にする為に、仙台空港再開を促進することであった。3月16日、最初の固定翼機が仙台空港の主滑走路に着陸したことによりその展望を達成した。

その4日後MC-130第一便が着陸し、日本人とアメリカ人で編成されるチームは全滑走路を整備してC-17の着陸を可能にした。我々は共同して拠点を築き、災害の中心地にむけての支援が流れ始めた。後に仙台空港の再開が希望の象徴として宮城県の人々に勇気を与えることになろうとは、当初は予想だにしなかった。我々の到着前、日本国土交通省航空局と仙台空港機関は仙台空港再開は不可能だろうと考えていた。

仙台空港を津波以前の状態に復興するには、日本政府、自衛隊、合衆国空軍、海兵隊、陸軍、海軍および政府機関どうしの全面的な協力が必要であった。二国間協議が設立された。委員会が当初練った計画では、当面は日本人従業員が復旧作業を行っている間、特殊部隊の兵士が支援物資の配送を可能にするべく、全ての飛行場運用に対処するというものであった。陸軍と海兵隊の部隊が3月20日に到着した際、直ちにこの流れに加わった。更なる支援を得て、両国間の調整委員会は計画に沿って、全ての空港運営を日本側の管理に戻す計画を、練り上げた。
(中略)
第353特殊作戦群、米国海兵隊富士機動隊、海兵隊第35兵站連隊および陸軍第35兵站連隊の全隊員、君たちの仙台空港復興に向けた懸命の作業に、また日本の人々に復興への勇気を与えてくれたことに感謝する。

聖アウグスティヌス曰く、「我々は賞賛には値しません。我々は我々の義務をなすのです」

日本の皆さん、ARIGATOにはおよびません。

COMMENTARY – “THANK YOU” IS NOT NECESSARY; U.S. FORCES HONORED TO HELP REOPEN SENDAI

困っているから、助けた、ただそれだけ、と彼らはいうでしょう。
けれど、助けてもらったことを、友情を、きっと日本の人は忘れず「ありがとう」の心を持ち続けるのではないかと思います。

トルコと日本の時代を超えた友情

「世界の国の中で、どこの国が一番好きですか?」と聞かれて「日本」と多くの方が答えてくれるのはトルコの国民の皆さんです。

トルコの世論調査では、大好きな国として日本が必ず1位になるとのこと。うれしいですよね。でも、どうしてこんなに日本を好きでいてくれるのか、ちょっと不思議?実は、トルコが親日国なのは、心あたたまる歴史上のある出来事がきっかけです。

16世紀、地中海の一大勢力といわれたオスマン帝国海軍。しかし、時とともに近隣国のロシアやギリシャの海軍に敗北をするなど、悔しい状況に陥っていたと言います。

そんな苦境の中、立て直しをはかり、1890年、オスマン帝国の航海訓練として、また、明治天皇の表敬訪問に来日していたのがオスマン帝国の軍艦エルトゥールル号。全長76mの木造の軍艦です。

そして、9月15日、軍艦エルトゥールル号は横浜港を出港。その日は台風が迫っていたので、日本は出港を先延ばしにした方がいいのではと提案したほどでした。

1890年(明治23年)9月16日、日本の紀伊半島付近を航行していたトルコの木製軍艦エルトゥールル号は、大型台風のまっただ中にはいってしまいました。和歌山県の南端に位置するの紀伊大島付近で大波と暴風に押し流され、「魔の船甲羅」と呼ばれる荒々しい岩礁に乗り上げ大破。水蒸気爆発を起こし、衝撃で船員はあるものは海に投げ出され、あるものは海に飛び込み遭難するという大事件がおこりました。

船員の一人が紀伊大島の岩場に打ち上げられ、意識を取り戻したときに目にしたのが、日本最古の石造りとしても有名な樫野崎灯台の光です。傷を負いながらも崖を上り、灯台守に助けを求めました。

爆発音を聞いた灯台守はトルコの木製軍艦エルトゥールル号が遭難したこの事態を知り、樫野の村民たちと救助に向かいました。遭難した船員600人中、助かったのはわずか69名。村人は助けたトルコ人たちを樫野地区の寺や小学校に連れて行き、備蓄していた米などはもちろん、最後の非常食用にと大切に飼っていた鶏まで食糧として与え手厚く介抱しました。

報告をきいた日本政府も動き、医師や看護婦が派遣され、その後、回復したエルトゥールル号の船員たちは日本の軍艦「比叡」と「金剛」でトルコに送還されました。

日本人の心づくしのもてなしにトルコ国民は感激し、今では、トルコの教科書にも、この遭難事件の事が載せられ、語りつがれています。

また、その恩を忘れずにいたトルコに、日本人が助けられたこともありました。
それは1985年(昭和60年)3月17日、イラン・イラク戦争での出来事です。当時イラクの大統領だったサダム・フセインが、48時間の猶予期限後、イランの上空を飛ぶ全ての航空機を攻撃する」と突然宣言し、世界中がパニックになりました。

イランにいた外国人たちは、それぞれの国の航空機や軍の輸送機が国民の救出に来て助けられていきます。しかし、日本だけは、日本政府のGOサインが出されず、215人の日本人は取り残されたまま時間が刻々と過ぎて行きます。

3月19日の午後8時30分のタイムリミット直前でした。テヘランのメヘラバード空港へトルコの航空機が日本人を救出するために来てくれたのです。

リミットまであとわずか数時間というギリギリの奇跡の救出です。取り残されていた日本人215名はトルコ航空機のおかげで、無事イラン国外へ脱出できました。この時、トルコの救援機が自国民よりも日本人を優先して助けたことについて、トルコ国内ではなんの批判も出なかったとのこと。

その後、駐日トルコ大使はこの奇跡の救出について「エルトゥールル号の借りを返しただけです」と語ったそうです。恩を決して忘れない、トルコのあつい友情に感謝の気持ちがこみ上げてきました。

参考文献
「エルトゥールル号の遭難」~生命の光から~