絶望を希望に変えた少年と犬の出会い

ヨーロッパ、特にイギリスでは広く知られている「アナトリアン シェパード ドック」という大型犬は、飼主に忠実で見知らぬものへの警戒心は非常に強いことで知られています。

その生後半年ほどのアナトリアンシェパードが、電車にひかれ重傷を負っている…と鉄道会社から連絡をうけて動物病院に運ばれてきました。瀕死の重傷を負っていましたが、努力の甲斐があって一命は取り留めることができました。ですが、損傷が激しかった左の後ろ足は残念ながら切断するしかありませんでした。
獣医師たちはそもそも不思議な気持ちだったようです。アナトリアンシェパードは警戒心が強く慎重な性格のはずなのに、わざわざ電車に近づくだろうか…治療の過程や後に判明したようですが、どうやら飼主に虐待をうけており、わざわざ線路にくくりつけられていなければ、この犬がこんなことにはならないだろう、ということでした。

大型犬が足を失うと、成犬になった時に体重を支えられず、寝たきりになってしまう可能性が高いのだそうです。となると、この犬を引き取りたいといってくれる人が現れる可能性はかなり低くなってしまいます。引き取り手がなければ殺処分となってしまいます。そこで保護団体は何とかこの犬を救おうと「ハチ」という名前をつけ様々な方法で飼主の募集を始めました。

募集をかけて半年…あるドックトレーナーの男性が飼主募集の記事を見かけました。
既にこの男性の家は犬を飼っていて、そして小学生の男の子、オーウェン君がいました。

オーウェン君は、全身の筋肉が常に硬直してしまう「シュヴァルツ・ヤンペル症候群」という先天性の難病でした。世界でも100例ほどしか報告されておらず、治療法も解明されていない病気です。

小学校にあがったオーウェン君は、自分自身と周囲の違いに悩んでいました。特にクラスの友達に「オーウェンはどうしていつも変な顔をしているの?」とからかわれることは何より嫌だったそうです。病気により顔の筋肉も硬直していて、目をあけるためには口を尖らせたり…と健常者から見ればおかしいかもしれませんが、オーウェン君はそれでも学校でがんばっていたのです。

人と違う自分を見られたくない…と他人の視線をさけるようにオーウェン君は外出することを嫌がるようになり、学校も休むようになり、どうせ病気はよくならないから…と薬を飲まなくなってしまいました。

男性は息子やすでに自宅にいる犬について考えながらも、「ハチ」に強く引きつけられていました。妻と相談し一度ハチに会いに行くことにしました。ハチは虐待がもとで人間不信に陥っており、本当に飼うことができるかどうか…とりあえず2週間預かって試してみることにしました。

ハチを自宅に迎えた日、ハチは警戒して家の中に入ろうとしなかったので、まずリードを離して家の中を自由に探索できるようにしたところ…ハチは全く知らない家なのに一目散にオーウェン君の部屋へ走っていきました。慌てて両親がオーウェン君の部屋へ行くと、オーウェン君の膝に頭をのせて甘えてくつろいでいるハチの姿がありました。

ハチはその日から片時もオーウェン君のそばを離れず寄り添っています。そして、そのハチの存在がオーウェン君の心に変化をもたらすことになります。ハチは足のために薬の混じった食事をとっています。飼主に虐待され、片足も失くし、それでも前向きに生きようとしているハチの姿を見てオーウェン君は再び薬を飲み始めました。

オーウェン君は失いかけていた優しい笑顔をハチと共に取り戻しつつありました。そんなある日、彼はオーウェン君に語りかけました。
「ハチは虐待をうけ、足を失うほどの怪我をして人間不信に陥るのは当然だ。そんなハチが自らオーウェン君と友達になろうとしてくれたのは、どれだけの勇気がいることだっただろう。」
ハチは勇気を出して自分を信じてくれている。自分はどうだろう…他人の視線を避け、勇気を持てず、後一歩を踏み出すことができない。

「ハチを連れて散歩にいきたい」
オーウェン君は自分の意思で外に出ることを決意しました。
オーウェン君ではなく、ハチに引きつけられてたくさんの人が集まりました。三本足のハチに子供たちが「かわいそう」と言うと、オーウェン君は自信をもってきっぱりとハチがどんなにすごい犬か話し出しました。

ある子供のお母さんがオーウェン君に言いました。
「そんな犬をしっかりと散歩させているあなたもすごいわよ。偉いわね。」

他人と関わりたくない、目も合わせられない…そんなオーウェン君は、ハチと共に人と関わる喜びを知ることができました。
それからオーウェン君は、ハチと様々なところへ一緒に行き、いろいろな人に大好きなハチの話しをすることが楽しみになりました。

そして、たくさんの人が集まるドックショーに出場するようになり、世界最大のドックショーである「クラフト」の犬と人間の友情に与えられる賞を見事受賞しました。

その後、オーウェン君は毎日学校へ通うようになり、ハチとの友情も変わらず続いています。

「ハチと一緒に世界中のいろんな所へ行ってみたい」
生きることに絶望感しかなかった少年が、生きることを諦めさせられそうになっていた犬と共に、未来を夢見ることができるようになったのです。過去のオーウェン君の姿はもうどこにもありません。

参考資料
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/140501_2.html
www.koinuno-heya.com

ご主人様と5日間ぶりに再会したワンコ

1歳になるイタリアン・グレー・ハウンドのルイージ君はとても大事にされいてご主人様と離れている時間は最長でも5時間だけでした。

そんなルイージ君の元からご主人様がなんと5日間も離れてどこかへ行ってしまった話。
ワンコの時間は人間よりも7倍早く過ぎていくと言います。

5日間x7のワンコ換算だと1か月以上もご主人様に会えなくて不安で寂しい日々だったと思います。

そんな不安な日々を過ごしたルイージ君が5日間ぶりにご主人様と再会した動画がコチラ。

ご主人様と再会したルイージ君の大喜びしている姿を見るとこちらまで嬉しい気持ちになりますね。

僕にはあなたしかいない:犬と人間の物語

dog-525956_640
いつでも、どんなときでも、飼い主に無償の愛を与え続けてくれる犬。
古代メソポタミアや古代ギリシアの壁画などに描かれたり
日本でも縄文時代の遺跡から埋葬された犬が出てきたりと、太古の昔から良きパートナーであり最良の友でした。

きっとまた会えるよね?
~飼い主を待ち続ける犬たち~

飼い主が亡くなっても、突然居なくなっても、どんなにひどいことをされても。
リチャードギア主演で映画化されて有名になった「忠犬ハチ公」のように犬は飼い主を信じて、待ち続けます。
きっとまた、一緒に暮らせる日が来ることを信じて。

アリシアは、飼い主がコルドバの病院へ入院してから、8か月もの間病院のドアの前で待ち続けています。
残念なことに、すでに飼い主の方は亡くなっているのですが・・・。
地元の人は何度か彼を保護しようと試みましたが、脱走を繰り返しやはり飼い主が運び込まれたこの病院の入口へ戻ってきてしまうとのこと。

出典:The touching story of a dog waiting for his dead owner

犬は賢い動物です。
アリシアは、もしかしたら飼い主がすでに亡くなっているかもしれないことに感づいているかもしれません。
けれど、あのドアから飼い主が出てきて、もう一度名前を呼んでくれると信じて。

6年間、飼い主の墓を守り続けその側から離れることを拒む犬がいます。
ジャーマンシェパードのキャピタンはグスマン氏が息子、ダミアンのためにと2005年に飼い始めました。
ところがその翌年3月にグスマン氏は急死。
葬儀が終わり、家族が家に戻るとそこにキャピタンの姿はありませんでした。
それから一週間後、家族がグスマン氏の墓を訪ねると、そこには墓の側に座り嘆き悲しむキャピタンの姿が。

article-2202509-14FDAC27000005DC-124_634x475

グスマン氏の妻は地元新聞社に
「私たちは探したのですけれど、見つかりませんでした。
なので、もう死んでしまったのでは、と思ったんです。
ところが次の日曜に墓地へ行き、そこでダミアンが彼を見つけたのです。
彼は私たちへ近づき、まるで嘆き悲しんでいるかのように吠えました」
さらに続けます
「墓地へ連れて行ったこともないのに、どうやって探し当てたのか不思議で仕方ありません」
「次の日曜に訪れた時にも、彼はそこにいました。このときは、私たちに着いて来てほんの少しの間一緒に過ごしました。
けれど、暗くなる前に、また墓地へ戻って行ってしまったのです」
「きっとミゲル(グスマン氏)を暗い中、ひとりぼっちにしたくなかったんだわ」

出典:Loyal dog ran away from home to find his dead master’s grave – and has stayed by its side for six years
犬は飼い主からされた事全てを、決して忘れることはないそうです。
家族は何度も彼を家に連れて帰ろうと試みたそうなのですが、すべて徒労におわってしまったそうです。
彼はグスマン氏からもらった愛情を、彼の墓を守り続けることで応えようとしているのかもしれません。

イタリアの小さな町サン・ドーチナの教会であなたはジャーマンシェパードの「トミー」を見つけることができるでしょう。
彼は毎日ミサへ行き、そして辛抱強く座っています。

dog-mass4

彼がここにいる理由。
なぜなら飼い主を最後に見たのがこの教会だから。
そう飼い主の葬儀が執り行われたのがここだったのです。

彼は、飼い主のマリアが帰ってくる日を礼拝の間も、根気強く、そして大人しく待ち続けます。

出典:Why This Dog Goes To Church Every Week Broke Me Down. I Wish He Could Understand.
トミーには、「死という永遠のお別れ」が解らなかったのでしょうか?
いいえ「もう会えないかもしれない」ことは解っているのかもしれません。

人間にとって犬は最良の友だということは、よく知られているが、それは犬にとっても同じなのかもしれない。
亡き飼い主の墓石の上で、すすり上げながら泣く犬の動画が人々の感動を誘っている。
アメリカ・カリフォルニア州ベンチューラ市にある『ロックウッド・アニマルレスキューセンター』に住む犬ワイリー。
亡き飼い主の墓石に横たわり、体を震わせ、しゃくり上げながら泣いている。
4月13日にセンターのスタッフによってYoutube に投稿されたその動画は、10秒ほどのとても短いものだが、あっという間に世界中の人々を感動の渦に巻き込んだ。
再生回数は既に48万回を超えている。

出典:【海外:世界の忠犬ハチ公、アメリカ編】亡き飼い主の墓の上ですすり上げて泣く犬が世界中の感動を誘う(動画あり)

人のように嘆き悲しむ犬の姿に、世界中の人が感動したそうです。
もちろん中にはこれを見て、「ただしゃっくりをしているんじゃ」「病気なんじゃ」という人もいます。
けれど、犬も人も大切な人を失ったら悲しいと思う気持ちは一緒。
その姿に共感を覚えた人が多いからこそ、このように感動を呼んだのだと思います。

人を、信じ続けてもいいよね?

ある日の朝、いつもよりたくさんのドックフードをたくさんもらってちょっとうれしかった。
その後車に乗せられ、どこに連れてっていってくれるのかワクワクしてたら、飼い主さんは道端の石の柱にボクのリードを結び付けた。

じっとそこにおとなしくしているんだよと言われ、その通りにその場に座っていた。
飼い主さんはボクの頭をなでるとその場を去って行った。
さよならとは言われてない。
飼い主さんは後ろを振り返ることなくそのまま立ち去って行った。

ボク、なんか悪いことしちゃったのかな?
どうしてボクを置いていっちゃったのかな?

(中略)

いつかまた、あの家で一緒に暮らせる日がくるのかな。
ぼくはこうやってずっと待っていていいんだよね?

出典:カラパイア


人間の身勝手で捨てられてしまっても、それでも飼い主を信じて待ち続ける犬。
安易な気持ちで犬を飼わず、最後まで面倒を見て欲しいとの願いを込めて、台湾の犬の訓練学校が制作した映像だそうです。

最後に。
犬との10の約束、として有名かと思います。

犬の十戒

  1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you get along with me.
  2. Give me time to understand what you want of me.
  3. Place your trust in me- it’s crucial to my Well-being.
  4. Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
  5. Talk to me. Even if I don’t understand your words, I understand your voice when it’s speaking to me.
  6. Be aware that however you treat me, I’ll never forget it.
  7. Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
  8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I’m not getting the right food or I’ve been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.
  9. Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
  10. Go with me on difficult journeys. Never say, “I can’t bear to watch it .” or ” Let it happen in my absence.” Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.

原文:ウィキペディア:犬の十戒より

日本語訳

  1. 僕の寿命は10年、長くても15年。だからあなたとちょっとでも離れるのは辛い。僕と暮らす前に、そのことをどうか思い出して。
  2. あなたが望むことを僕が理解するのを、どうか気長に待って欲しい
  3. 僕を信じて・・・僕はそれだけで幸せ
  4. ずっと僕を叱り続けたり、どこかに閉じ込めたりしないで。あなたにはやることがあり、友人がいて、楽しみもある。けれど僕にはあなたしかいないのだから。
  5. 話しかけて。例え言葉を理解できなくても、気持ちはわかるから
  6. あなたが僕にどう接してくれたか、決して僕は忘れない
  7. 僕を叩く前に思い出して。僕はこの歯であなたの骨を簡単に噛み砕いてしまうことができるけれど、あなたを噛まないと決めていることを
  8. 僕が言う事をきかないとか、頑固とか、怠けていると叱る前に、僕がそうなっている原因があるんじゃないかな?って考えてほしい。食事に問題があるかもしれないし、日が照り続ける屋外に放置していたことかもしれない。年を取って弱ってきているかもしれないってことを。
  9. 僕が年を取ったからといって邪険にしないで。あなたもまた同じように年を取るのだから
  10. 最後の時まで、どうか側に居て。「見ているのが辛い」とか「もう見ていられない」なんて言わないで。あなたが一緒にいてくれるだけで充分だから。そして、僕があなたを愛していたことをどうか忘れないで。

※本文中出典元が英文のものは、サイト管理者が意訳のため翻訳を間違えている部分があるかもしれませんのでご了承ください。
一部原文を改変している部分があります。