認知症の人が暴れるのは、それなりの意味があるから

「介護」と聞くと、誰もが大変だという言葉を口に出します。
「あんなにしっかりとしていた人が、こんな風になってしまうなんて」
中には、子どもの顔さえ忘れてしまう方もいらっしゃいます。

近所のおばあちゃんは、昔、踊りのお師匠さんで、粋でしっかりした女性でした。しかし、急に認知症になってしまい、家族が目をはなしたすきに、家を脱出して徘徊するようになってしまったのです。

家とは違う方向へどんどん歩いて行くおばあちゃんを見かけたので、声をかけると
「まりこ(娘さんの名前)がいないので、八百屋へ行こうと思ったのに、ぜんぜん着かなくて困っているのだけど」と話してくれました。たしかに、おばあちゃんの家から50メートルの所に八百屋があります。しかし、方向は全く違っていて、かなり離れていました。

「私も行くからいっしょに行きましょう」と声をかけ、一緒に歩きだすと「ご親切に、ありがとうね。あなたはまりこを知っているの?」と質問されギクッとしました。知っているもなにも、昔からご近所で、おばあちゃんにもかわいがってもらっていましたから、私なりに、やはりショックを受けましたね。

他人の私でもショックなのですから、ご家族だったら、その衝撃は耐えられないほどのものでしょう。

八百屋には、まりこさんもいなくて、家まで送り届けたのですが、おばあちゃんは、また玄関でうろうろしだしました。「雪が降ってきた。あの子はどこにいるんだろう?」と心配するおばあちゃん。
「もうすぐまりこさん、帰って来るって言ったから、ここで待ててあげてね。じゃないとすれ違っちゃうかもしれないから」と説得して、私は帰りました。

そんな経験がきっかけで、私は認知症についての講習会に参加しました。
いつかは親も認知症になるかもしれない。そして、将来的には自分だってならないとは限らない。誰もが身近に感じている問題ですよね

アルツハイマーと認知症の違い等の話が進む中で、介護の現場で働いている所長さんのお話がとても印象的でした。

施設で過ごされている患者さんが、突然、外へ出ようとしはじめたお話です。「外出はキケンだからダメですよ」といくら止めても聞いてはくれず、だんだん暴れ始めてしまいました。

そういう時、所長さんはじっと耳を澄ませてその患者さんに寄り添うそうです。なぜ、外に出たいと言い出したのか。どうして暴れているのかを探るために。

すると、「○○がかわいそう。」「きっと待っている」「このままじゃ濡れてしまう」という言葉が聞こえてきたそうです。
そうです。その患者さんは、急に降りだした雨に気付き、我が子が濡れて、どこかで雨宿りをして、自分を待っている!と思い、暴れていたのです。

患者さんの実年齢は80代ですが、きっと30歳くらいの自分に戻っていたのでしょう。子どもはまだ小さく、早く子どもの所へ行ってあげたい!という子どもを思う気持ちでいっぱいになり、外出を制止しようとするスタッフが邪魔でしょうがなく、あせりと怒りで暴れていたのです。

所長さんは、「患者さんが暴れたり、怒ったりするのには理由があるのです。そっと耳を傾けてあげてください。人としての尊厳を大事にしてあげて下さい。」と語っていらっしゃいました。

今、医療や介護の現場で、フランスのジネスト・マレスコッティ研究所が開発した「ユマニチュード」が注目されています。

おむつを替えるのに、30分以上格闘していた認知症高齢者の方に、見つめて・触れて・語りかける、このユマニチュードを用いておむつ交換をおこなったところ、2分半でできてしまったという事例もありました。
「認知症の方が相手でも、『あなたは人間』で『そこに存在している』と伝えるのが、ユマニチュードの哲学だそうです。

こう話すのは簡単なこと。実際に介護の現場で頑張っている方にとっては、スグに切り替えることは困難なことかもしれません。しかし、人の想いは、良いにつけ、悪いにつけ、認知症の方にも以心伝心で届くのですね。

「認知症の方の困った行動には、それなりの理由がある」
理由があるのならば、その理由をひも解くことで、光明が差してくるとを信じたいです。

参考資料:http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3464_all.html