ハマの番長と黒羽根少年の約束!

「(少年時代の)夢が実現できてうれしいっ!」
歓声とどろくお立ち台で、あふれる喜びに満面の笑みで語ったのは、横浜DeNAベイスターズ(当時、横浜ベイスターズ)の黒羽根捕手でした。

そんな黒羽根捕手を慈愛のまなざしでやさしくみつめるのは、ハマの番長、三浦大輔。2011年8月14日、三浦に140勝目が記録された熱い試合が甦ります。

少年の夢というのは、純粋で青空を突き抜けるパワーに満ちているでしょう?
ことのはじまりは1998年、京急百貨店で三浦 大輔と鈴木 尚典が招かれて開催されたトークショーで、地元の少年野球チーム「上大岡ハンターズ」の代表として三浦大輔に花束を手渡したのが、当時小学生だった黒羽根少年だったのです。

「大きくてかっこいい、あんなふうになりたいな」 三浦大輔にあこがれていた黒羽根少年は「将来はベイスターズに入って一緒に野球がしたいです」と話し、三浦大輔は「一緒にプロでやろう!」と返事をしました。

「三浦選手とバッテリーを組むんだ!」
黒羽根少年は抱いた夢を現実のものにするために努力に努力を重ねていきます。日大藤沢高校に入り活躍、2005年の高校生ドラフト3巡目で横浜ベイスターズに指名されみごと入団をはたしました。

しかし、プロの世界は競争もはげしいもの。1軍入りにはなかなか届きません。

かたや、2008年、三浦にとってはプロ17年目の年。三浦大輔はFA権を取得。阪神から熱烈なラブコールを受けます。

関西で生まれ育った三浦にとって、子供の頃から憧れていた阪神へのFA移籍はとても魅力ある話でしたし、かなり濃厚で、誰もがエースは横浜を出て阪神入りすると予想を立てていたことでしょう。

阪神からのオファーも力の入ったもので、横浜が提示した3年契約総額10億円よりも、さらに2億円を上乗せした金額を阪神は提示。しかもリーグ2位でこのころ毎年上位争いにくいこんでいる阪神なら優勝の可能性も高いはず!
 
しかし、予想に反し、三浦大輔投手は最下位のチームに残留することを決断したのです。

彼は語ります。
「(奈良・高田商高での)高校時代も打倒天理、打倒智弁学園で甲子園に出たいと思ってやっていた。横浜は今年優勝から一番遠い位置だった。しかし、三浦大輔の原点は何かと考えたら、強いチームを倒して勝つこと。強いチームに勝って優勝したい」

当時7年連続の負け越し球団だった横浜ベイスターズの関係者、そしてファンたちは、この言葉を聞いて涙腺がゆるまないものはいなかったでしょう。

また、男、三浦大輔は、阪神に電話で断りを入れるのではなく、自ら現地に出向いて直接丁寧に挨拶し、誠意を見せています。

そして、迎えた2011年8月11日、黒羽根捕手は一軍に昇格。スグの14日の中日戦で、三浦とはじめてバッテリーを組むことになります。黒羽根は内角へのストレートに右打者へのインスラやスローカーブなども交えて中日打線の狙いを外して7回一死までノーヒットに抑える三浦の好投を引き出し、三浦に140勝目が記録されました。

お立ち台では先に三浦大輔の口から13年前の黒羽根少年とのエピソードが語られ、さらなる感動を呼びました。それ以降、三浦は基本的に黒羽根を指名。ベイスターズ残留の理由のひとつに、少年との約束も入っていたのかもしれませんね。

参考資料:http://matome.naver.jp/odai/2131335991252234801
     http://www.kernelsupport.co.jp/atonan/sensyu/00n/kurobane_toshiki.htm