また母の子として生まれたい

2006年2月1日に起きた京都介護殺人事件。
認知症の母親の介護を何年間も続け、生活苦に陥り
それでも最後まで母を愛しながら殺めてしまった男性の話。

京都市伏見区桂川河川敷で被告が母親を殺害。
無理心中を図り自身も自殺を図ったが発見され、一命を取り留めた。
しかし、この事件はただの介護疲れによる殺人事件にとどまらない事情があった。

介護疲れ・生活苦・・・そして

当時被告は両親と3人暮らしだったが、1995年に父親が死亡。
その頃より、母親に認知症の症状が出始め一人で介護をしていたという。
ところが、2005年頃より母親の生活サイクルが昼夜逆転し、
徘徊しては警察へ保護されるほど症状が進行した。
被告は、デイケアの利用などを行ったが介護の負担は軽減せず、
仕事をしながらの介護に限界を感じ、9月に退職。

その後も求職をしながらの介護が続いたが、
介護と両立できる仕事も見つからない。
また、生活保護の受給を求めたが、失業保険を理由に認められなかった。
12月には失業保険の給付もストップ。
カードローンの貸し出し額も限度額に達し、
自分の食事を2日に1回にし、母親の食事を優先するなどきりつめたが
デイケア費や家賃も払えなくなった2006年1月31日、
もう「自分たちに残された道はこれしかない」と心中を決意した。

わしの子や。わしがやったる

その日、京都市内を観光した後
家の近くがええなという母の言葉に従い、
2月1日二人は桂川の河川敷へ。

「もう生きられへん。此処で終わりやで。」
という被告に、母は
「そうか、もうアカンか、○○。一緒やで。お前と一緒やで」
と答えた。

「こっちに来い」と呼ばれ近づいたら額がぶつかった。
「○○はわしの子や。わしがやったる」との母の言葉に
「自分がやらねば」と決意したという。

そして母の首を絞めて殺害し、 自分も包丁で首を切って自殺を図った。
その後、通行人によって午前8時頃、二人は発見された。

また母の子として生まれたい

4月19日、京都地裁の初公判。
ここで被告は
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」と述べた。

また、裁判のなかで被告は、
「私の手は母を殺めるための手だったのか」と言葉を残した。
刑務官も涙をこらえる様にまばたきするなど法廷は静まりかえった。

「尊い命を奪ったと言う結果は取り返しのつかない重大だが
経緯や被害者の心情を思うと、社会で生活し 自力で更生するなかで冥福を祈らせる事が相当
被告人を懲役2年6ヵ月に処する…」

母が子供に戻って行くのです。
私は母を「見守る」ただそれだけのことしか出来なかった。
私の手は何の為の手で、母を殺めるための手であったのか、みじめでかなしすぎる。
じっと我が両の手を見る。何の為の手であるのかと。
(最終陳述にて)

≪参考≫
伏見・介護殺人
http://yabusaka.moo.jp/fushimi.htm